ごはん外来

1.ごはん外来

okayu
小児科では、離乳食に悩む保護者の声をよく耳にします。当院では授乳から離乳食期まで、小児科医と看護師、助産師みんなで様々な角度から支援しています。スプーンをいやがる、離乳食がステップアップしない、食事量が増えない、偏食がひどいなど、3歳頃までの食事に関する様々なご相談に対応しています
 
対象:3歳まで(それ以上の年齢の場合は応相談)のお子さんで、嚥下障害(飲み込みの障害)がない方
 
日時:水曜日 午後(お電話にて予約をお願いします)
担当:江田  
料金:保険診療
 
持ち物:保険証・小児医療証・母子手帳・事前にお渡しする問診票(下記にてダウンロードも可能です)・(可能であればお子さんの食事の様子を動画撮影してお持ちください)

1−1. 相談内容の例

・スプーンをいやがる
・離乳食がなかなかステップアップしない
・食べる量が少なく、決まったものしか食べない
・食事の時間が長い
・新しい食べものに手を付けない
・食卓につかない、食べもので遊ぶ、食事中に歩きまわる

1−2. 相談の流れ

初めての診察では、お子さんの健康状態を診察し、必要に応じて血液検査で栄養評価を行います。お渡しする問診票から、お家の食卓で困っていること、食事の目標、食べるときに伴う症状、数か月間の食事の状況を詳しくお聞きします。また、ご家庭の状況や1日の生活スケジュールなども参考にしています。みなさんにはスマホでお子さんが食事をする様子を動画に撮ってきていただきます。最後に具体的な提案を行います。必要な方には何度か再診していただきます。
母乳やミルク以外全く何も受け付けないお子さんは、神奈川県立子ども医療センターの偏食外来 をご紹介します。
こちらの施設ではオンライン診療 も行っています。
 
受診すべきか悩んでいる方へ
偏食・少食・摂食困難など、食べない子どものための支援情報サイト「たべよう」 のご紹介です。
子どもが食べない理由や受診の目安、受診できる施設の紹介があります。
専門家受診が必要か見分ける方法がわかる動画 です(神奈川県立子ども医療センター偏食外来 大山牧子先生が作成)

1−3. 問診票ダウンロード 

※問診票を下記よりダウンロードできます。A4用紙に印刷して、ご記入の上ご来院ください。
ダウンロードできない方は、来院時でもお書きいただけます。 

Download

ごはん問診票.pdf

1−4. 赤ちゃんの手づかみ食べ

かるがも藤沢クリニック(小児科)の4か月健診やごはんクラス、ごはん外来では、赤ちゃんが自分で食べられる「手づかみ食べ」をお勧めしています。
詳しくは育児コラム「手づかみ食べのススメ」をご覧になってください。